池ヶ原湿原ガイド

8月7日(日) 池ケ原湿原ガイド コバギボウシのお花畑の観察とミニよしず作り【申込締切】

◆:福井ライフ・アカデミー連携事業 ●:CST(福井大学)対象講座

定員に達しましたので、申し込みを締め切りました。

 池ヶ原湿原は嶺北最大の湿原です。この時期に花の見ごろを迎える池ヶ原湿原で最も多い植物コバギボウシを観察します。

 コバギボウシなどの湿原植物は、ヨシの繁茂やハンノキの侵入により、次第に数が少なくなります。昔は、かやぶき屋根や雪囲いの材料として毎年ヨシを刈っていましたが、現在はヨシの利用が少なくなっているため、湿原植物の生育環境を保全するために定期的にヨシ刈りを行っています。

 池ヶ原湿原ガイドでは、環境保全活動で刈りとったヨシの茎を使ってミニよしず作りを体験します。

※少雨決行、荒天時中止

 

イメージ
イメージ

 

詳細はチラシにてご確認ください。

▼ダウンロード

チラシ表(JPG)  チラシ裏(JPG)

チラシ(PDF)

開催日2016年08月07日
開催時間10:00~12:00
場所勝山市平泉寺町 池ヶ原湿原(集合:池ヶ原湿原駐車場)
対象ウォーキングできる方(中学生以下は保護者同伴)
定員30名
参加費50円(保険料)
事前申込み

申込み受付は、6月3日より8月4日まで。

電話、ファックス、メールにてお申し込みください。
郵便番号、住所、氏名、緊急連絡先をお知らせください。
後日、本申込書を郵送いたします。
※ただし、定員になり次第〆切ります。

7月3日(日) 池ケ原湿原ガイド ミズチドリの観察とミニよしず作り

◆:福井ライフ・アカデミー連携事業 ●:CST(福井大学)対象講座

 池ヶ原湿原は嶺北最大の湿原です。県内では六呂師高原しか見られないミズチドリなどの貴重な植物を観察します。

 ミズチドリなどの湿原植物は、ヨシの繁茂やハンノキの侵入により、次第に数が少なくなります。昔は、かやぶき屋根や雪囲いの材料として毎年ヨシを刈っていましたが、現在はヨシの利用が少なくなっているため、湿原植物の生育環境を保全するために定期的にヨシ刈りを行っています。

 池ヶ原湿原ガイドでは、環境保全活動で刈りとったヨシの茎を使ってミニよしず作りを体験します。

※少雨決行、荒天時中止

 

イメージ
イメージ

 

詳細はチラシにてご確認ください。

▼ダウンロード

チラシ表(JPG)  チラシ裏(JPG)

チラシ(PDF)

開催日2016年07月03日
開催時間10:00~12:00 ※歩行距離 約1km
場所勝山市平泉寺町 池ヶ原湿原(集合:池ヶ原湿原駐車場)
対象ウォーキングできる方(中学生以下は保護者同伴)
定員30名
参加費50円(保険料)
事前申込み

申込み受付は、6月3日より6月30日まで。

電話、ファックス、メールにてお申し込みください。
郵便番号、住所、氏名、緊急連絡先をお知らせください。
後日、本申込書を郵送いたします。
※ただし、定員になり次第〆切ります。

共催福井県自然観察指導員の会